左右でバストの大きさが違う原因は?今からでも試したい、胸のバランスを整える方法。

あなたのバストは左右同じ大きさですか?実はほとんどの女性のバストのサイズや形は左右非対称。ほかの体のパーツにも言えるように、左右でバランスが違うのが一般的です。

ですが、左右でカップ数が異なっていたり、見た目が悪かったりとコンプレックスに感じている女性は多いのではないでしょうか。バストのバランスが崩れる原因はいくつかあり、それを改善することで、左右のバランスのとれたバストを手に入れることができますよ。

左右でバストの大きさが違う原因と改善法

①体のゆがみ

無意識のうちにやってしまうクセや習慣などで体が歪むと、筋肉や血行に影響を及ぼしバストのバランスが崩れる原因となります。頬杖や膝を組むといった左右非対称の動作だけでなく、普段の姿勢や筋力の低下なども体のゆがみを引き起こします。

正しい姿勢を心がけ、自覚しているクセや習慣がある場合は、意識的に気を付けるようにしましょう。またゆがみとりの体操やストレッチは、バストのバランスだけでなく、骨盤のゆがみによって生じる体への影響や不調にも効果的です。

②筋肉の付き方の違い

左右で筋肉の付き方が違うと、バストの大きさが異なる原因となります。スポーツをしている、または過去にスポーツをしていたという方は、筋肉が発達している方の胸が引き締まり、バストの大きさが左右で異なりがちです。

またスポーツをしていなくても、一般的に利き手がある方の筋肉は発達しやすく、利き手側の胸が小さくなる傾向があります。普段使っていない方の筋トレをプラスしたり、利き手ではない方の手で日常動作を行うことで左右の筋肉のバランスを均等に近づけることができます。

③ブラジャーの選び方

もともと左右のバストの大きさや形が違うのに、合っていないブラを着けることで、さらにバストのバランスが崩れる原因となります。基本的にバストの大きさが左右で違う場合には、大きい方の胸に合わせてブラを選ぶようにします。

小さい方のバストに合わせると、胸が圧迫されバストが小さくなったり、形が崩れる原因となります。そのため、バストのサイズが小さい方のストラップを短くしたり、隙間にパッドを入れたりして調節しましょう。

④授乳バランス

左右で授乳をするバランスが違うことで、バストの大きさに差が生まれる原因となります。母乳をあげている方の胸は乳腺が発達し、胸が大きくなります。どちらか一方の胸で授乳をしていると、そちらばかり乳腺が発達するので、母乳が出やすくなり、さらに授乳が偏ってしまいます。

また、授乳バランスが偏ることで、抱っこの仕方や姿勢にも影響します。すると筋肉の付き方や体のバランスが左右非対称になり、バストのバランスも崩れます。

さらに同じ方の胸でだけで授乳をしていると、授乳をしている方の胸に負担がかかり、卒乳後にバストが垂れたり型崩れしやすくなります。そのため、授乳をする際には左右の胸を均等に使ったり、授乳をはじめる胸を毎回変えるなどしましょう。胸の大きさが気になる場合は、小さい方の胸から授乳をしたり、母乳が出やすいようにおっぱいマッサージをするのも左右の胸のバランスを整えるのに効果的です。

⑤病気

左右でバストの大きさが違うのは当たり前ですが、極端に差が大きかったり、急に大きさが変わってきた場合、病気のサインの可能性があります。

少しでも気になることがあれば、専門家に相談しましょう。また自分のバストを守るためにも、日頃から胸の変化に気を付け、定期的に検診を受けましょう。

最後に

このように、左右でバストの大きさが違う原因はいくつかあり、きちんと改善することでバストのバランスを整えることが可能です。どうしても気になる場合には、一方の胸を大きくする豊胸手術もありますが、できるだけ自分の力できれいなバストを手に入れたいですよね。

そのためには普段からバストを意識して生活することが大切です。またバストメイクには、おっぱいマッサージもおすすめですよ。左右のバランスがとれた美バストをめざして頑張ってくださいね。